住宅ローンを支払えない場合は、どうすればいいのでしょうか?

住宅ローンを支払えない場合は、どうすればいいのでしょうか。

次のような事例を考えてみましょう。

半年前に失業してしまい月々の住宅ローンの支払いに窮するようになりました。

家を手放したくはないのですが、今までと同じように支払うことはできそうにありません。

手持ちのクレジットカードでキャッシングをしようかとも思いますが、利息が高いので利用する勇気もありません。

私はどうすればよいのでしょうか。

新たな借り入れは避けた方がいい

無理な返済は事態を悪化させるので避けたほうがいいでしょう。

住宅は大きな買い物であり、日常の金銭感覚が鈍ってしまうことが多いものです。

ローンを組んで住宅を購入する際に、私たちは借入可能額、つまり「いくら借りられるか」を重視しがちです。

借入可能額は申し込む人の年収などから算出しますが、実はこの額と実際に毎月返済する

ことのできる額(返済可能額)との間には大きなギャップがあります。

つまり借入可能額と返済可能額とはまったく別のものなのです。

本ケースのように、住宅ローンがどうしても払えない状況になると、何とかして住宅ローンを返そうと、その場しのぎで簡単に借りられる消費者金融やクレジット会社から借り入れをし、結果的に多重債務に陥るという人も少なくありません。

住宅ローンを返済できなくなれば、大事なマイホームを取り上げられるという恐怖感からこのような行為に走ってしまうのかもしれませんが、消費者金融などの金融機関は住宅ローンの5倍以上の金利がついていることもあり、かえって事態を悪化させることにもなりかねません。

相談者の場合も、手持ちのクレジットカードでキャッシングをするのは、思いとどまったほうがよいでしょう。

住宅ローンの返済が一度滞ったからといっていきなり家を競売にかけるような強硬姿勢に出る金融機関はありません。

ですから、まずは借り入れた先に返済ができなくなった事情を正直に告げ、今後についての話し合いをしてみてください。

今後どのようにしたらいい?

その後の返済計画としては、次のような方法があります。

(1)リスケジュール

返済期間を延長して月々の返済額を減らしたり、一時的に利息だけの返済にしたりするなどして、返済可能な状態にすることをいいます。

すべての状況で金融機関がリスケジュール(返済計画の変更)を受け入れてくれるわけではありませんが、失業状態が一時的だったり、ローン期間がそれほど残っていなかったりする場合などには、許可してもらえる可能性があります。

(2)売却

どうしても返済のメドが立たない場合は、残念ですが担保となっている家を売却するのが現実的な方法です。

金融機関の同意を得て、任意売却をしたほうが高い金額で売れる可能性が高いのですが、通常は返済不能となった段階で家は金融機関の管理となり、競売にかけられることになります。

売却価格よりローン残高のほうが多い場合は借金が残りますが、今までよりも少ない返済額ですむでしょう。

弁護士無料相談をご利用ください

夜10時まで弁護士面談・阪神尼崎駅前

借金でお悩みの方が気軽にご相談できるクリニックのような法律事務所です。

ご相談予約専用フリーダイヤル (携帯・PHSでもどうぞ)

(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

弁護士無料相談をご利用ください

ご相談予約専用フリーダイヤル (携帯・PHSでもどうぞ)

(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

弁護士無料相談をご利用ください

ご相談予約専用フリーダイヤル (携帯・PHSでもどうぞ)

(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

当サイトの記事は原則・リンクフリーであり、FaceBook ページや 各種ブログ、ツイッター内等におけるシェア、ツィートにつきま しては原則自由とさせて頂いております。詳細はこちら>

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

交通アクセス

阪神尼崎駅前

尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング6階
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

尼崎・西宮・芦屋・大阪を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。