任意売却で債務者がしておくことは何でしょうか?

任意売却にむけて債務者がしておくこととは何でしょうか。

次のような事例を考えてみましょう。

会社の状況が思わしくなく、私の給料もカットされています。

こうした中、住宅ローンの支払いが苦しくなっています。

できれば自宅を手放さすに何とかしたいのですが、どうしようもない場合には任意売却することも考えています。

行動に移す前にどんなことを検討しておくべきでしょうか。

自宅の価格と債務額を把握する

自宅の価格と債務額を把握した上で任意売却すべきかを検討しましょう。

あなたの場合、まずは自宅の価格が現在いくらなのかを知っておく必要があります。

価格を知っておくと、対策をたてやすくなります、たとえば、不動産の価格よりも、ローンのほうが多い場合、任意売却をしたほうが得策です。

また、必ず債務額も把握しておきましょう。

正確な債務額を知らなければ、今後の方針を決めることができません。

債務額によっては、自宅を失わずに住宅ローンを返済することができます。

債務額を把握するのは簡単です。

返還表などで毎月の支払額、利息額、債務残高がわかります。

銀行などに連絡してもよいでしょう。

債権者との話し合い

その結果、今のままでは住宅ローンの返済ができないことが判明した場合には、まずは債権者と話し合ってみるべきでしょう。

自分の収入や財産状況を話し、返済方法を見直してもらうのです。

これをリスケジュールといいます。

うまくいけば、現在の返済額を減額してもらうことができます。

ただ、支払金額は以前と変わらない点には注意が必要です。

「今をしのげればなんとかなる」という状況でしたら、リスケジュールは意味のあるものになります。

しかし、今後の収入などに変化がない場合には、リスケジュールは解決策とはならないかもしれません。

あなたの場合には、給料がもとに戻る可能性があるかどうかを検討する必要があります。

もとに戻る可能性があるのであれば、リスケジュールで乗り切って、自宅を手放さずに生活を再建することも可能です。

先行きがわからないような場合には、リスケジュールではなく任意売却を検討した方がよいでしょう。

任意売却することにした場合は、早めに債権者に対して任意売却を行う旨を伝えるとよいでしょう。

競売の申立てがなされても、交渉次第では任意売却をしてもらうこともできますが、交渉が決裂すれば、競売による売却になりますから、任意売却することに決めた場合には、競売の手続に入る前に、債権者との交渉に入りましょう。

弁護士無料相談をご利用ください

夜10時まで弁護士面談・阪神尼崎駅前

借金でお悩みの方が気軽にご相談できるクリニックのような法律事務所です。

ご相談予約専用フリーダイヤル (携帯・PHSでもどうぞ)

(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

弁護士無料相談をご利用ください

ご相談予約専用フリーダイヤル (携帯・PHSでもどうぞ)

(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

弁護士無料相談をご利用ください

ご相談予約専用フリーダイヤル (携帯・PHSでもどうぞ)

(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

当サイトの記事は原則・リンクフリーであり、FaceBook ページや 各種ブログ、ツイッター内等におけるシェア、ツィートにつきま しては原則自由とさせて頂いております。詳細はこちら>

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

交通アクセス

阪神尼崎駅前

尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング6階
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

尼崎・西宮・芦屋・大阪を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。