リボ払いの注意点は? 残高が減りにくい仕組みを理解することが大切

近年、リボルビング払い(リボ払い)を利用する人が増えています。
リボ払いは欧米では一般的に利用されている支払方式ですが、その一方で、リボ払いがどのようなものかが難しくてよくわからないという声もあります。
クレジットカードの発行会社から、「リボ払いにすると現金還元」というキャンペーンのお知らせが頻繁に届きます。
切り替えた方が得なのか迷う場合があるでしょう。
まずは、リボ払いを正しく理解することが大切です。
リボルビング払い(リボ払い)はクレジットカードの支払い方法の一つで、自分で5000円、1万円などと毎月の支払額を決めておきます。
支払額を固定できる「定額方式」と、残高に応じて決まる「残高スライド方式」などがあります。
カード決済の際にリボ払いを選んだり、引き落とし日までに支払い方を変更したりして利用します。
設定しておけばカードの支払い方をすべてリボ払いにすることもできます。
毎月の支払額が一定になるので家計管理をしやすい利点があるものの、カードの利用額が増えても月の支払額が一定なので、残債がなかなか減らないという特徴があります。
以下、この記事では、約款について、ご説明します。

1.リボ払いの仕組み

リボ払いは、クレジットカードの支払方式の1つで、「支払残高」に応じて、毎月の支払額(元本返済と手数料額の合計)があらかじめ決められています。
リボ払いにはいろいろな支払い方法があるので、申込の段階から支払要件などについて正しく理解しておく必要があります。
クレジットカードには、翌月一括(1回)払いや分割払いなどいろいろな支払方式があります。
リボルビング払い(リボ払い)はその中の1つであり、毎月の支払いが一定の額に抑えられます。

1-1.残高スライド方式

あらかじめ決められている支払残高のランクに応じて、毎月の支払額(手数料を含む)が増減する方式です。
支払残高が増えると毎月の支払額(手数料を含む)が増えます。

1-2.定額方式

支払残高に関係なく毎月一定額を支払う方式です。
支払残高が増えても毎月の元本返済額は変わりませんが、支払期間が延びて、その期間は手数料がかかります。
支払残高が増えても、毎月の支払額は変わりませんが、支払いの期間が延びます。
また、支払期間は毎月、手数料がかかります。

2.リボ払いの特徴

毎月の支払額を一定の額に抑えることができるので買物などにおいて計画的な利用ができます。
支払残高がある限り支払いが続くため、商品ごとの支払終期が分かりづらい面があります。
新たな買物をすると支払残高が増えることになるので、毎月の支払額(手数料含む)が変動したり、支払いの終期が延びることがあります。

3.リボ払いと分割払いの違いは?

「分割払い」は、カード利用時に購入する商品等の代金を何回に分けて支払うかを選択して利用する方式です。
それぞれの分割払いの利用は独立した契約として、支払回数や支払期間が決められます。
一方、「リボ払い」は支払残高によって毎月の支払額(手数料含む)が変動したり、支払期間の終期が延びることもあります。
リボ払いを多く利用して「支払残高」が大きくなると、毎月の支払額が増えたり、支払期間が長くなったりします。
他方、「支払残高」が少なければ、毎月の支払額が減ったり、支払期間が短くなったりします。
リボ払いの利用では、「支払残高」をこまめに確認することが重要です。
リボ払いの支払期間は、分割払いとは異なり、自分で決めることはできません。
新しい買い物をするとその額が支払期間の算定の基礎となる「支払残高」に加算されるからです。
「支払残高」が増えると支払期間が長くなりますので、「支払残高」をこまめに確認し、計画的に利用してください。

4.リボ払いのメリット・デメリット

リボ払いのメリット・デメリットは、以下です。

4-1.メリット

支払う額が毎月同じ(残高スライド方式は残高次第で変わることもある)

4-2.デメリット

月々の返済額が少なくなりがちであるため、元金が減りづらいという点です。
通常のローン返済では、毎月の返済で支払ったお金はまず利息の支払いにあてられて、残りで元金を返済します。
このため毎月の返済額が少ないと、元金の返済に回る金額が少なくなってしまうため、元金が減りづらくなるという仕組みです。

定額方式

残高が増え過ぎると、支払額中の手数料の割合が増える。支払っても減らないという状態に陥りやすい。

残高スライド方式

残高が増えて閾値を越えると、急に支払額が増えることがある。

5.申込時の注意点は?

リボ払いを利用する際は、申込みの段階から支払要件などについて正しく理解しておく必要があります。
申込み時には、リボ払いに関する書類をよく読み、仕組みや支払要件などを確認しましょう。

  • リボ払いとは、どんな仕組みなのか。
  • 毎月の支払額(元本返済額と手数料額の合計)はいくらなのか。
  • 自分の申込んだリボ払いの方式は何なのか

クレジットカードが届いたら、同封のリボ払いに関する書類をよく読みましょう。
クレジットカードが送付されてくる時は、一般に①利用案内書、②規約などが同封されています。
カードを利用する前に自分のカードに本当にリボ払いの機能をつけたのか、そのリボ払いに関する支払要件はどうなっているのかなどについてもう一度確認することが重要です。
クレジットカード会社のホームページなどでリボ払いの仕組みや特徴を理解しましょう。
リボ払いは、各クレジットカード会社によって支払要件などが異なるため、利用する前にクレジットカード会社のホームページで支払要件などを調べたり、クレジットカード会社に問い合わせることが重要です。
リボ払いについてわからない点があれば、クレジットカード会社に問い合わせるようにしましょう。

6.利用時の注意点は?

カードを利用する際にリボ払いを使う場合は、支払要件を認識した上で利用しましょう。
カードの支払方法を認識しておくことが重要です。
その上でリボ払いを使う場合は、利用案内書などで、支払額(手数料を含む)はどれくらいなのか、今の残高のままだと完済までにどのくらいの期間がかかるのかなど、もう一度支払要件を確認することが大切です。
カードの利用時や利用後に支払方法をリボ払いに変更する場合、注意すべき点を認識しましょう。
リボ払いに変更する場合、いろいろな特典が謳われていますが、利用にあたって注意すべき点もあります。
利用案内書などでリボ払いの仕組みや支払要件などをよく確認した上で変更しましょう。
リボ払いを利用した後は、自分の毎月の支払残高、毎月の支払額(手数料を含む)がいくらになっているか確認しましょう。
毎月タレジットカード会社から送られてくる利用明細書の中に支払残高の項目があります。
必ず毎月の支払額(手数料を含む)を認識することが重要です。
支払いに余裕のある時は、支払残高を減らすために繰上げ返済なども利用することができます。

7.リボ払いの現状と課題

国民生活センターによると、リボ払いに関する相談件数は2017年度で891件と2008年度と比べて約3倍に増加しています。
「リボ払い専用カードとは知らなかった」「知らないうちにリボ払いになっていた」といった相談が多いと言われています。
近年、リボ払いの利用を促すカード会社のキャンペーンが多くあります。
カード会社では、リボ払いなどの利用額の合計が1万円以上になると、最高10万円のキャッシュバックを抽選で受けられるキャンペーンを実施したり、一定の期間まで、決められた場所で買い物をしてリボ払いを選ぶとポイントが最大4倍になるキャンペーンを実施したりしています。
ポイント付与率の高さを前面に出したリボ払い専用カードや、支払い方法の初期設定がリボ払いになっているカードも登場します。
年会費を無料にするなどの特典を設けています。
しかし、手数料率が高いことがあり、得になるのか慎重に検討する必要があります。
リボ払いは残債の額に応じて手数料がかかります。
多くは年率15%程度で、ローンの利息のようなものと考えればいいです。

10万円の買い物をして毎月1万円ずつ支払うと、合計5,000~7,000円程度の手数料を負担します。
「分割払い」は買い物をした時点で分割回数に応じて手数料が決まりますが、「リボ払い」は完済前に新たにカードを使うたびに残債が積み増されて手数料負担が増えていくため、最終的な支払額を把握しづらいです。
リボ払いを選ぶなら、買い物のたびにカード会社のウェブサイトでシミュレーションし、手数料を含んだ支払額を確認することが重要です。
毎月の利用明細書で残債を把握し、余裕があるなら繰り上げ返済も検討したほうがいいでしょう。
インターネットや電話で手続きができ、繰り上げ返済の手数料はかかりません。
「支払残高」はリボ払いの支払期間や手数料の算出の基礎となるものですが、その一部、または全部を支払って、リボ払いの支払いを終わらせたり、支払期間を短くして手数料を節約したりすることもできます。
方法は各社によって異なりますので、ご利用のクレジットカード会社にお問い合わせください。

8.まとめ

リボ払いを利用する時は、自分の支払能力を把握して無理のない利用に心がけるとともに、新たな買物をすると支払いの終期が延びたり、毎月の支払額が増えたりすることに注意して下さい。
また、毎月の利用明細書などで常に支払残高を確認し、毎月の支払額を認識しておきましょう。

弁護士無料相談をご利用ください

夜10時まで弁護士面談・阪神尼崎駅前

借金でお悩みの方が気軽にご相談できるクリニックのような法律事務所です。

ご相談予約専用フリーダイヤル (携帯・PHSでもどうぞ)

(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

弁護士無料相談をご利用ください

ご相談予約専用フリーダイヤル (携帯・PHSでもどうぞ)

(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

弁護士無料相談をご利用ください

ご相談予約専用フリーダイヤル (携帯・PHSでもどうぞ)

(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

当サイトの記事は原則・リンクフリーであり、FaceBook ページや 各種ブログ、ツイッター内等におけるシェア、ツィートにつきま しては原則自由とさせて頂いております。詳細はこちら>

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

交通アクセス

阪神尼崎駅前

尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング6階
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

尼崎・西宮・芦屋・大阪を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。