弁護士と司法書士は何が違うの?

弁護士と司法書士は何が違うのでしょうか。

破産申立ての代理人となれるか

自己破産、民事再生は、地方裁判所に申立てを行います。

司法書士の訴訟代理権は、簡易裁判所のみに限られており、それ以外の裁判所(地方裁判所など)では、訴訟代理権は認められていません。

地方裁判所では、弁護士のみに訴訟代理権が認められています。

したがいまして、自己破産を弁護士に依頼した場合は、弁護士がご依頼者の方の代理人として、必要な手続きをすべて行うことができます。

司法書士に依頼した場合は、司法書士には訴訟代理権がないため、司法書士は申立書類の作成のみを担当し、申立て自体はご依頼者がご自分で行うことになります。また、申立て後は、ご依頼者様がご自分で対応することになります。

以上より、自己破産に関して、権限のより大きい弁護士に依頼したほうが、ご依頼者の方のご負担が少なくて済むといえます。

司法書士の代理権の範囲

司法書士は、原則として、法律行為を代理することはできません。

ただし、司法書士のうち、法務大臣の認定を受けることができた場合のみ、例外的に、簡易裁判所の訴訟代理権が認められます。

この場合でも、司法書士が取り扱うことのできる事件には制限があります。

司法書士は、金額140万円を超える事件について、代理人となることはできません。

これは、司法書士の訴訟代理権が簡易裁判所管轄の事件に限定されるため、簡易裁判所が取り扱うことのできる事件(140万円以下の事件)に限定されるからです。

この点、弁護士には、取り扱うことのできる事件について、このような制限は一切ございません。

弁護士無料相談をご利用ください

夜10時まで弁護士面談・阪神尼崎駅前

借金でお悩みの方が気軽にご相談できるクリニックのような法律事務所です。

ご相談予約専用フリーダイヤル (携帯・PHSでもどうぞ)

(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

弁護士無料相談をご利用ください

ご相談予約専用フリーダイヤル (携帯・PHSでもどうぞ)

(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

弁護士無料相談をご利用ください

ご相談予約専用フリーダイヤル (携帯・PHSでもどうぞ)

(通話料無料・完全予約制)

受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応)土日祝日も受付中

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

LINEで法律相談の予約ができます

ID検索で友だち追加@mvf0944w

友だち追加

プライバシーマークを取得しています

お客様の個人情報保護に努めます。

交通アクセス

阪神尼崎駅前

尼崎市御園町5
尼崎土井ビルディング6階
アクセス詳細はこちら

主なお客様対応エリア

尼崎・西宮・芦屋・大阪を中心にサポートしておりますが、その他地域の方もご相談ください。